葉酸はいつまで必要か

葉酸は、妊娠を望む状態である時や、実際に妊娠している時に必要不可欠なビタミンとして知られていますが、無事出産を迎えて、妊娠状態でなくなったら、もう葉酸は摂取しなくてもいいのでしょうか?

 

授乳期もしっかり葉酸摂取をしよう

「出産を無事迎えられたから、もう葉酸サプリともサヨナラ!」となるのは、ちょっと待って下さい。
少なくとも、授乳期間中は、葉酸サプリの摂取を続けたほうがいいですよ!

 

なぜ、授乳期にも葉酸サプリ摂取が必要なのかというと・・・授乳期に赤ちゃんに与える母乳は、実は血液から作られているのです。

 

だからこそ、造血作用にすぐれた葉酸を授乳期にも摂取して、血液成分の消費をカバーしてあげることが大切なんですよ。

 

事実、厚生労働省が発表した「日本人の食事摂取基準(2015年版)」においても、授乳期の葉酸必要量は280μg・推奨量は340μg、となっています。

 

葉酸摂取は推奨量を少々オーバーするくらいなら、まったく問題はありませんので、その点を考えると、1日あたり400μg程度の葉酸が摂れるサプリを、授乳中も引き続き利用したほうがいい、と言えるでしょう。

 

一般成人でも1日200μgは必要!

葉酸について、よくありがちな誤解として挙げられるのが「妊娠・出産とかと関係なければ、葉酸は摂らなくても問題ない」という意見です。

 

この意見は完全な間違いで、日本人の食事摂取基準(2015年版)では、一般成人に対しても「1日あたり200μgの葉酸が必要、できれば240μgを推奨したい」という趣旨の報告を出しているんですよ。

 

もっとも、200μgの葉酸摂取なら「毎日たっぷり野菜を食べている」など、健康的な食生活をしている人であれば、食事だけでなんとかカバーできる量だと言えますので、一般成人すべてに対して「妊娠等とは関係なくとも、葉酸サプリを飲むことが必要」と言っているわけではありません。

 

ですが、野菜不足がちょっと気になる人であれば、やはり葉酸不足のリスクがありますので、健康維持のために、通常量の半分程度の葉酸サプリを飲むことをおすすめしたいですね。

葉酸はいつまで摂取する必要がある?関連ページ

葉酸の過剰摂取のリスクとは?
いくら妊娠時に必要な栄養素とはいえ、葉酸の過剰摂取は禁物です。なぜ過剰摂取はいけないのか、見ていきましょう。