葉酸の摂取量の目安

妊娠前・妊娠時には葉酸の摂取が必要、ということは知っていても、「どのくらいの葉酸が必要なのか?」というのを知らない、という人は意外と多いものです。
葉酸の摂取量の目安についてご説明しましょう。

 

妊娠を望む人の葉酸摂取量

妊娠前、つまり妊娠を望む人の葉酸摂取量はどのくらいかというと・・・ズバリ「普通の食生活で摂れる葉酸に加えて、栄養補助食品(つまりサプリ等のことですね)で、1日あたり400μgの葉酸を摂取するのが好ましい」というのが正解です。

 

 

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」においても、「妊娠を計画している女性または妊娠の可能性がある女性は、神経管閉鎖障害のリスクの低減のために、付加的に400μgのプテロイルモノグルタミン酸(葉酸サプリなどの栄養補助食品や強化食品に含まれる葉酸のことです)の摂取が望まれる」と記載されていますよ。

 

妊娠時の葉酸摂取量

 

さて次に、妊娠時に必要な葉酸摂取量の目安についてですが・・・これまでも「だいたい400μgぐらい」と言われることが多かったのですが、これについても、「日本人の食事摂取基準(2015年版)」に記載されていますので、この数値を見てみましょう。

 

この情報によると、まず、ちなみに、妊娠時や授乳期ではなく、妊娠も望んでいない一般成人の場合は、葉酸の1日あたりの必要量は200μg、推奨量は240μgとなっているのですが、妊娠時の場合は、葉酸の必要量は400μg、そして推奨量は480μg、という形で、必要量・推奨量ともに倍に増えるのです。

 

つまり、妊娠時は「1日あたり最低でも400μg、できれば480μg程度かそれ以上の葉酸摂取をするのが好ましい」ということですね。

 

ですから、葉酸サプリで1日あたり400μgの葉酸を摂り、あとは食事から適度にプラスアルファの葉酸を摂取する、という形にすれば、十分な量の葉酸摂取ができると言えるでしょう。

 

つまりごく簡単にまとめれば、「妊娠前も妊娠中も、葉酸サプリで1日あたり400μgの葉酸を摂っていれば、まず間違いない」ということです。

妊娠時の葉酸の摂取量は?記事一覧

「早く妊娠したいから」「もっともっと母体をいい環境にしたいから」などと考えて、葉酸サプリをたくさん飲むなどして、葉酸を過剰摂取すると、どんなリスクがあるのでしょうか?ここではそれを見ていきましょう。1日の葉酸摂取量の上限は?葉酸の過剰摂取に対するリスクについて、厚生労働省は「日本人の食事摂取基準(2015年版)」において、以下のような趣旨の内容報告をしています。〇通常の食べ物で100グラムあたり3...

葉酸は、妊娠を望む状態である時や、実際に妊娠している時に必要不可欠なビタミンとして知られていますが、無事出産を迎えて、妊娠状態でなくなったら、もう葉酸は摂取しなくてもいいのでしょうか?授乳期もしっかり葉酸摂取をしよう「出産を無事迎えられたから、もう葉酸サプリともサヨナラ!」となるのは、ちょっと待って下さい。少なくとも、授乳期間中は、葉酸サプリの摂取を続けたほうがいいですよ!なぜ、授乳期にも葉酸サプ...